〜ヨガ・YOGA〜

スポーツ医学に基づき、機能解剖学・バイオメカニクス・キネシオロジーを重視した、身体能力の改善を目的としYOGAの動きをメインに構成されているフィジカルトレーニングメソッドです。
反動を使わず、ゆっくりとした動きの中で特定のポーズを連続して取ることを要求することから、代償動作(余分な力み)と動作の制限が現れるため反復して繰り返すことでスポーツの中で動きのロスなどの削減につながります。
一定の時間、自分の身体と向かい続けることで、選手の身体への気づきを高めることができます。
また大半が左右非対称可動域終盤の姿勢の維持を求められることから体幹、四肢の安定性・制御能力に生かす能力が求められ、機動性安定性の両方を高めることができます。よって安定した体幹だけでなく、それに連動した身体を築くことができます。



〜見込める効果〜

◇身体機能の改善・競技レベルを高いレベルに押し上げる・外傷障害予防


◇ファンクショナルストレングス(機能的筋力)のフォーカスできる
 ▷複合動作において、効率的・効果的に加速・減速・動的安定性を保つ


神経筋効率にフォーカスできる
 ▷動作中の加速、減速、動的安定性を得るため、主働筋・拮抗筋・協働筋・固定筋を相乗的に動員する能力


筋バランスを整える・良質な筋肉形成・姿勢制御の安定化
 ▷
最適な筋バランスでトレーニングする。伸張性のある筋肉の形成


筋バランスを整える・良質な筋肉形成・姿勢制御の安定化
 ▷
最適な筋バランスでトレーニングする。伸張性のある筋肉の形成


傷害予防・早期回復
 ▷
代償動作(余分な力み)が起きにくくなり身体の各部位にかかる余計なストレスの軽減。効率的な動きが可能となる。ケア・速効的な疲労回復


◇体幹強化・メンタルの安定
 
▷自重のみを利用したファンクショナルトレーニング、動作を鍛えるための体幹強化。会話がないので自分の身体と普段にはない向き合い方ができる